【ラピスラズリを身につけてから運気が上がる】

そんなお話をよく耳にします!!

あなたも聞いたことや体験したことありませんか?

運気をあげてほしくて作りました。

可憐なブレスレットです♪

「最強の幸運をもたらす聖なる石ラピスラズリ」

 

★青金石又は七宝の一つ「瑠璃」

青は"夜空"を金色は"星"を表し天を象徴する石。

 

恋愛、幸運の石。地上で最も古い石パワーストーン

このタイプでしたら

今お着けになっているものと重ね着けもいいかもしれません

くるくるとワイヤーを巻き付けていくように

手首にフィットさせる、形状記憶タイプのバングル。

 

ラピスをキラキラカットのきらめき感は、

大人カジュアルなスタイルにもマッチします。

 

 

深いブルーを讃えるラピスラズリは、

古代エジプトでは

天空と冥界の神オシリスの石とされ、

古代ローマではプリニウス記に

「天空の破片」と称えられました。

 

かつて太古の人々はこの石を手に取り、

その夜空のような青と、その石の中に

金色の星々が瞬く様子を見て、

天空を宿した石として大切な宝物としてきました。

 

星に見えるのは実際は黄鉄鉱という内包物ですが、

一粒一粒ずつ、絵巻物のように

異なる情景が浮かぶこの石を、

愛でて、眺めて、飽きる日は訪れません。

 

ラクダに乗った旅商人のように、

夜空を見上げては自分の位置を知り、

この星で生きていることを実感することのできる、

美しい石ラピスラズリです。

 

石の美しさだけでなく、

小粒ですがきらりと輝く

ラフなシェイプがブレスレットは

バングルのようでもあり、

夏の装いにこれ以上ないほど映えます。

 

ベージュやリネンの

夏らしい素材に合わせると、上品な装いに。

楽しめるとっておきのブレスレットを

愉しんでいただけると思います。

 

【ラピスラズリ】

この鉱物の美しさと気品は

高価な顔料や装飾品としてシルクロードを渡り、

時には金ほどの価格で取引されました。

 

ヴァン・ゴッホは

ラピスラズリの粉末と亜鉛イエローを混ぜ合わせて

夜明けと糸杉を大胆にそして静謐に表現し

あの『星月夜』を描いたと言われます。

 

絵画では他にもフェルメールの

『真珠の耳飾りの少女』や

国宝、尾形光琳『燕子花図屏風』

の花の色にも用いられています。

 

アフガニスタンの

ラピスラズリ古代鉱山は

紀元前数千年前から採掘が始まり、

今でも産出があります。

 

人々がその美しさを讃え、

大陸を海を渡り運び、

受け継いできたからこそ

今この美しさを私たちも

手に取ることがでると思うと、

鉱物としての美しさと、

歴史としての人々の石への思いを受け継いだような、

静謐な気持ちにさせられます。

 

【ラピスラズリについて】

石言葉 幸福 幸運 神格 護符 保護 12月の誕生石

 

和名では瑠璃(るり)。

深い青色から藍色の宝石で、

黄鉄鉱の粒を含んで夜空の様な輝きを持ちます。

魔除けや装飾などに

古くから用いられていたと

ギルガメシュ叙事詩や出エジプト記に記述があります。

ツタンカーメン王のマスク、

正倉院の紺玉帯、中尊寺金色堂の留め金具、

メディチ家の紋章、ルイ14世の所持品などに

貴重な装飾品として利用されています。(#^.^#)

 

【写真の詳細】

石の大きさ:4㎜・2㎜カット

素材:形状記憶ワイヤー

価格:2580円(税別)

ラピスラズリ バングルブレスレット 形状記憶

¥2,580価格