5月の誕生石エメラルドについて深掘りしてみました


5月の誕生石 エメラルド

心身に大きく作用し自然治癒力を高める効果があると言われます

また無条件で人を愛する気持ちを育む力があります

医療や福祉の仕事に携わっている人には

ぴったりのパワーストーンです。

エメラルドは、愛の力が非常に強い石です

恋愛成就や結婚のお守りにも適しています

エメラルドは、ベリルグループに属す鉱物です クロムによって発色されており、小さな結晶にしか成長しなく、インクルージョンが多いのが特徴になります

インクルージョンのないエメラルドを探すのは、

”砂場に落とした1本の針を探すようなものだ”とまで言われています

主要産地:ブラジル



【吸い込まれるように綺麗な宝石エメラルド】


見る人を魅了する神秘的な宝石エメラルドは

多くの特質をもっていますでも多くの人が口を揃えていうことは

「エメラルドはその色が最たる特徴」という点で意見が一致します


古代よりエメラルドは何千年もの歴史の中で緑色の代表的な宝石


ここがポイント

最も望ましいと言われる色は鮮やかな色で決して暗すぎない色調の 帯青緑色から純粋な緑色です。

最も価値が高いと言われるエメラルドは透明度が高いものです


最高級のエメラルドに見られる緑色の強さは本当に綺麗で吸い込まれるようです自然界でエメラルドの最高級に匹敵する緑色はほかにないと言っても過言ではないと思います





【色々な色があるんです】


上の写真を見れば一目瞭然

同じエメラルドでも

色気が全然違いますよね!


エメラルドの見た目や色は採掘された鉱山とも関連していることがあるんです。


私が大好きなコロンビア産のエメラルドは

見た感じ暖かくより強い純粋な緑色をしているのが特徴と言われています


ザンビア産のエメラルドは

クールな色合いでより青みが買った緑色が特徴と言われています。



【クラリティ】


昔からエメラルドは肉眼でも見える

インクルージョンが結構目立つ宝石です


 目に見えるインクルージョンのない

エメラルドを探す方が難しいくらいなんです


インクルージョンの無いエメラルドを

探すことは普通に流通しているエメラルドの中では見つけられないんじゃないかな・・というくらいですのでインクルージョンがあっても逆に天然の証と思うくらいでよろしいかと思います


目に見えるインクルージョンのない

エメラルドは稀であります。






エメラルドには、

一般的に肉眼で見えるインクルージョンが含まれています。

このため、業者や一部のお客様は

エメラルドにはインクルージョンが

存在するものと理解しており、それを容認しています。


見た目にクリアなエメラルドは、

とても希少なので特に価値があります。 エメラルドのインクルージョンは、

苔や庭園を見ているようだ

と表現されることがよくあります。


そのためフランス語で庭を意味する

「ジャルダン」と呼ばれることがあります。








カラーストーンでは、

透明度とクラリティは密接な関係にあります

このことは、特にエメラルドに当てはまります。


業界では一般的に、

高品質のエメラルドに見られるインクルージョンは容認されています。


しかし


インクルージョンが

透明度とクラリティに

マイナスの影響を与えている場合は、

石の価値は大幅に下がります。







カット


カットの職人さんはカットを決定する際に、


原石の色の深みや耐久性、

インクルージョンを考慮する必要があります。


これを間違うと重量を損なってしまいます。


即ち、宝石の潜在的価値を

減少させてしまうことになります。


エメラルドの結晶には、

石のカットを難しくしている

4つの特徴がありますのでご説明いたします



カット 特徴その1


ほぼすべてのエメラルドに、

顕著なフラクチャー

(業界ではひび割れと呼ばれることもある)が見られます。

カットする職人さんは、

完成品に対する

そうしたフラクチャーの影響を

最小限に押さえるように

カットをデザインする必要があります。


カット 特徴その2


二つめの要素は、

こうしたエメラルドに本来あるフラクチャーが理由の一部となっているもので、

エメラルドはコランダムのような宝石よりも脆いという点です。


このことから、カットや研磨、セッティングの際、

あるいは日常での不注意な着用法などによっても損傷を受けやすくなります。

エメラルドカットでは、

脆い角をファセットカットすることで

爪留めに対し比較的安全な部分ができるため、

損傷に対する保護に役立ちます。



カット 特徴その3


第三に、

色はエメラルドの価値を確立する上で      

非常に重要であるため、カットによって色相、

色調、彩度の効果を最大限に引き出す必要があります


カットの職人さんは、

エメラルドのプロポーションやファセットの数を調整することにより、

石の色に影響を与えることができます。


カットの職人さんが淡い石を深くカットし、

テーブルを小さくしてファセットを少なくすれば

色を暗くすることができます


また、

暗い石は浅いカットでテーブルを大きく、

そしてファセットを多くすれば明るくすることができます


カット 特徴その4


第四に、

多くのエメラルド結晶は帯青緑色から帯黄緑色の 

二色性を示すため、

カットの職人さんは

結晶の長手方向に垂直となるようにテーブル方向をアレンジすることになります。

こうすることで、カット石として見える色が、

多くのエメラルド愛好者たちが高く評価する青味のある緑色となるのです。 コロンビア産の原石は、

石が形成される際の着色元素の分布が一様でないため、

カットが特に困難となります。

色が表面に近いほど強くなっているのです。


したがって慎重にプランを立ててカットしないと、

成形加工後の石が元の素材よりもはるかに薄い色になってしまうかもしれません。