【華やかな彩りを添えてくれるサファイア】


マルチカラーが可愛い

春を感じさせるブレスレット



サファイアには沢山の

カラーがあるのですが皆さんご存知ですか


サファイアは青い色の

ブルーサファイアが一般的ですが

コランダムの中では、赤い色のものをルビーと呼び

それ以外の色のものはすべてサファイアと呼びます


ブルーサファイアの他にも・・・

ピンクサファイア

バイオレットサファイア

オレンジサファイア

イエローサファイア

ゴールデンサファイア

ホワイトサファイアなどがあります。


今回アップいたしましたのは

色とりどりのサファイアで

とても雰囲気のある色彩のブレスレット

宝石質マルチカラーサファイアです。



ライムグリーンカラーが印象的で

可愛らしい印象のピンクカラー、

上品な色合いが魅力のパープルカラーなど、

シックな色合いからビビットな色合いまで

色とりどりで仕上がってます。


またカラーグラデーションになっているので

細かい色の差も表現できてマルチカラーの魅力を

感じるブレスレットです。


一粒一粒も発色が綺麗で透明感も魅力の一つです。

カラフルですが

優しくサファイアらしい上品な色合いですので

派手にならず着けていただけます。



マルチカラーサファイア

石の大きさ:2.7×1.3mm前後

内寸:約19cm

留め金具:引き輪タイプ(SV925

グラデーション

価格:4,800円(税別)


サファイアは

人の意思や組織、経営の礎などをしっかりと固め、

基盤を作るのに非常に有益な石です。


集中力や直観力を高めることで

自分にとってその時必要なチャンスなどを

掴む助けにもなってくれます。

カリスマ性、勝利運、金運などを高め

仕事に対して積極的な気持ちを持つ為にも有効な石です。

脳細胞を活性化させ、知性と冷静な判断をもたらすといわれています。

持ち主を災難から守る働きがあり、仕事や旅のお守りにぴったりです

マルチカラーは持ち主に幸運をもたらすといわれています。


『石言葉は』

誠実 徳望 慈愛 聖職者の石


9月の誕生石として有名なサファイア

皆さんに長く愛されて大切にされてきた宝石です



一般的に有名なサファイアは

美しいブルーの色合いですね。


ダイヤモンドやルビーと並ぶような

人気の高い宝石であることはご存知かと思います。


今回ご紹介したように

サファイアは青色以外にも

様々な色合いのものがあるんです!


では実際にどんな色があるかと言いますと

バイオレットサファイア

グリーンサファイア

イエローサファイア

オレンジサファイア

ピンクサファイア

パープルサファイア

ブラウンサファイア

ホワイトサファイアなど

本当に色々な色がございます



それから

もう一つ興味ふかいのは

色が変わるカラーチェンジサファイアです


魅力的なこれらのサファイアは照明が違ったりすると

違う色合いの表情を見せる不思議で神秘的なサファイアなんです!


ほとんどの場合は

日光や蛍光灯のもとで

バイオレットがかったブルーの色ですが

白熱灯のもとでは赤みがかったパープルに見えたりするんです


こうしたサファイアの存在が

サファイアの神秘的な魅力に花を添えていることも間違いないですよね


【サファイアの歴史】

サファイアは古くから誠意・真実・忠節を象徴するものとされてきました

何世紀もの間サファイアは王族や聖職者の装飾品などに使われていました

古代ギリシャやローマではブルノサファイアが守ってくれると信じられて

沢山の人たちが身に着けていたそうです


また

サファイアは癒しの力を持っていることでも知られていて

中世のヨーロッパでは病気さえも治す石と信じられていたそうです!


生で見たこと私はありませんが

有名なサファイアは、ミャンマーで採掘された62カラットのロックファラーサファイア


もう一つ有名なのは

同じくミャンマーで採掘されましたスターリーナイトサファイア111カラット

これはスターサファイアで華麗なスターが特徴のサファイアです

ちなみに私はこれも生で見たことはありません。


ですから実際にどのくらいの迫力があるのか

どのくらいきれいなのか

どのくらい大きいのか見た感想は言えないのが残念です。


ミャンマーやカシミール、スリランカ、オーストラリア、タイなどが

サファイアの採れる産地


それぞれ特徴がありますので

宝石店でチェックするときや

購入するときは産地のこともきちんと説明を受けることをお奨めいたします


わたしはミャンマーで採れるルビーやサファイアが個人的には好きです


ミャンマーのジャングルに覆われた

モゴック地域がサファイアの産地として有名な場所です


昔のなごりでビルマ産ルビーやビルマ産サファイアと呼ぶひとも結構いますよね

かくいう私もその一人ですがついついビルマ産ですか?なんて言っちゃいます(笑)


ミャンマーのサファイアは豊かで強烈な青の色合いを持ち価値が高くなっています


綺麗で美しいサファイアを選ぶために注意が必要


サファイアのどんな色でもほとんどのサファイアの価値は

色相・色調・彩度の組合せによって評価されます。


サファイアは色によって品質が異なります


一般的に最も価値が高いとされる青色のサファイアはミディアムダークの色調で

ベルベットのように滑らかなブルーからすみれ色がかったブルーって言われております


信頼できる宝石のプロにお話しを聞いて

すべての角度から見極め観察することが重要です


あなたがずっとずっと長く付き合えるサファイアに出会えることを祈ってます


サファイアは宝石の中でも比較的硬く

日常的に着けるて楽しむ指輪やネックレスには向いています

安心して着けてお出かけしたりされても大丈夫な宝石です。


中には割れやすかったり弱い宝石もありますので

日常的に着ける場合はその辺もよく考えて購入されるといいかもしれませんね。


#サファイア

#マルチカラー

#ブレスレット

#宝石