【こんな頭痛ならテラヘルツ】

頭が痛い 頭がズキンズキン、ガンガン・・ そういった痛みがあるとき 「いつものことだから」って あきらめていたり我慢しちゃったりしていませんか?




















同じ頭痛でもいろいろなタイプがありますので 一概には言えませんが頭痛持ちの方のために 少しでもお役に立てたらと思いまして 本日アップさせていただきました。


あなたの頭痛はどのタイプ? 1.気象型頭痛 2.片頭痛 3.緊張型頭痛












【気象型頭痛】 天気が悪いときなどに決まって起こる頭痛

痛み自体は片頭痛に似ていると言われていますが その原因は大きく異なります

低気圧や湿気の影響で、 からだの水分代謝が 上手くできないことが原因みたいですよ

普段から、


余分な水分を溜め込まない生活を

心がけると良いみたいですよ。

思い当たる方は気をつけてみてくださいね。



【片頭痛】 頭の血管が急激に広がったりすることで起こる頭痛

寝すぎや寝不足や過食や食べ過ぎなど

極端な生活習慣が影響するそうですよ。


このタイプの頭痛の人は

痛みが起きたときは血管を刺激しないように

できるだけ安静にして患部を冷やすと良いそうです。


思い当たる方は気をつけてくださいね。



【緊張型頭痛】 血流が悪くなることで肩や首の筋肉が緊張して起こる頭痛

例えば同じ姿勢が続くことや

精神的ストレスが原因で起こります

このタイプの頭痛の人は肩や首の周りを温めたり 血流を改善することが必要です。

いかがでしょうか?

辛い頭痛にもい実は色々なタイプがあるんです

もしあなたが

【緊張型頭痛】タイプで辛い思いをして 悩んでいらっしゃるならば、

血流を良くする素材であります

高純度テラヘルツを一度お試しになってみると

良いかもしれませんね。


緊張型頭痛も大きくかかわっているのは血流です。

精神的なストレスや長時間のデスクワークなど 同じ姿勢を続けたことによって、 血行が悪くなり首や頭の筋肉が 緊張してしまうことで起こります。

肩や首のこりを伴う人が多いのですが、


これは、原因・メカニズムが似ているためです。


脳は人間にとって酸素を必要とする大事な部分です その部分に血流がいかないとなると非常事態です。




肩こりなどで緊張が続くと、 何とか脳に血流を増やしたい部分が 血管を拡張させようとします。

その結果急激に部分的に血流が流れ込むことで、 部分的に頭痛を感じるのではと考えられます。

偏頭痛が片側に多いのはこのためかと思います。

頭痛にも「血流」が大きくかかわってきます。

ですから スムーズに血流を良くしていくことを 日ごろから意識した生活習慣でいないと あとあと後悔することになりかねません。


もし

あなたが【緊張型頭痛】で 辛い思いをされているのなら 一度私どもへお気軽にご相談ください。 高純度テラヘルツのネックレスが きっと血流を良くしてくれることと思います。



【写真の詳細】 高品質 テラヘルツネックレス  テラヘルツ:4㎜・2㎜ 素材:SV925(留め具) 長さ:全長40㎝・42㎝ 価格:4,268円税込

健康とおしゃれを楽しむデザインです。 カットされた面が反射し、よりきらきらと輝いています。




↓↓↓

高純度テラヘルツのネックレスにご興味ある方はコチラをクリック




テラヘルツとは‥‥

今、医療業界や美容業界などで 大注目されているのが「テラヘルツ」です


【テラヘルツの3大特徴】

・毎秒1兆回の振動により全身の血行促進・増加

・生命力のエネルギーを高め細胞の活性化

・毎秒1兆回の振動によって生体電流を整えます


テラヘルツとは 内部機能を上げ

細胞を活発に動かし血行を良くする

体のためにいい素材で誰でも簡単に永く続けられる

あなたの元気を取り戻すきっかけになる

あなたがもう手離すことができなくなる

そんな医療業界や美容業界でも注目されている

素晴らしい鉱石がテラヘルツです


今、医療業界や美容業界などで

大注目されているのが「テラヘルツ」です

テラヘルツには次のような驚くべき事実があります​​

周波数1THz。 

2008年ハーバード大学の技術者たちは、

これまで極低温に冷却しないと

発振できなかったテラヘルツ波を室温で発振したと発表。​

これにより医療関係ー医薬品の固有のスペクトルを検出、 可視化する。

つまり、腫瘍の検出が可能になった。

セキュリティでは、

火薬類や禁止薬物のスペクトルを検出することで検知する。

金属のような導電性の物質以外であれば

X線写真のように内部を撮影できる。(Wikipedia参照)


テラヘルツで血のめぐりを改善して調子がいいと言える毎日へ

記事はコチラから